未経験からのMRへの転職

2020年からはMRの新しい時代

〜 新しい医薬ステージの幕開け 〜
医療業界は、これから様々な人財を必要とする時代に突入します。
営業経験で培った経験は、医療にも活かすことができます。
MR転職に、一歩踏み出してください。

医療・製薬業界の現状

潮流 1
MRの活動規制が厳しくなり、現状のセールスマーケティング手法に変革が求められている
潮流 2
医師にとっての情報入手経路が多様化した
潮流 3
製薬企業の営業効率化に対するニーズが増大し、組織改変が進んでいる

2020年からCSO、コントラクトMRの需要が増大

コントラクトMRとは

MR(Medical Representative)とは「医薬情報担当者」のことで、“医薬品の適正な使用に資するために、医療関係者を訪問すること等により安全管理情報を収集し、提供する”職業です。MRは医薬品の適正使用を推進するために、医師をはじめとする医療従事者に対し常に最新で適切な情報を提供し、また同時に医療従事者から情報を収集し、より正しい医薬品の使用につながる情報を伝達する重要な役割を担っています。 そのなかでもコントラクトMRは、 CSO企業(医薬関連企業の営業支援を行う組織)に所属するMRのことです。CSO企業の社員として、クライアントである製薬企業等に配属されMR業務にあたります。MR活動については、製薬企業のMRと特にちがいはありません。製薬企業のMRと異なる点は、契約期間を満了すると、別の配属先へと変わることです。つまり同じ時期でも多くの製品、多くの戦略を経験する機会があることが特徴です。

MRのメリット

  • ・医療に貢献する充実感と高い社会貢献性
  • ・医療は日進月歩なので、常に成長し続けられる
  • ・資格を活かせる
  • ・他業種の営業に比べ年収が高い

  • ・売る、ではなく「患者さんに役立てていただく」が活動指針
  • ・一日の働き方を自分でマネジメントできる
  • ・主に平日の業務のため、週末を自分の時間に使える

シミック・アッシュフィールドとは

シミック・アッシュフィールドは、CRO(医薬品の開発支援業務)のパイオニアである「シミックグループ」と、ヨーロッパ最大のCSO企業である Ashfield社を有する「UDG Healthcare」によるジョイントベンチャー企業で、国内CSO企業の一つです。国内市場に関する深い知見と、グローバルで展開する多様なサービスモデルを活かす、シミック・アッシュフィールドならではのさまざまなソリューション創出により、国内No.1のマルチチャネルCSO企業を目指しています。

シミックグループ:東証一部上場・1992年CRO創業・国内最大のCRO企業・8か国で事業展開 社員数6000人以上
Ashfield:ロンドン証券上場(UDG Healthcareとして)・1997年創業・欧州最大のCSO企業・26か国で事業展開 社員数7000人以上

当社の五つの特徴

  • ・豊富な配属プロジェクトラインナップ
  • ・充実の人財育成制度
  • ・機動力とフレキシビリティ
  • ・外資・内資企業の両側面を併せ持つ
  • ・手厚い福利厚生
 
+

08:00-10:00
自宅から営業車で出発。数件の特約店(医薬品卸)を訪問し、担当する病院等の施設に関する情報提供・情報収集を行なう。MSさん(卸の営業担当者)との関係はとても大切だ。

10:00-11:00
配属先の営業所に出社。売り上げ計画の進捗確認、施設訪問のプランニング、課題やニーズのリサーチ、資料準備などの内勤業務を行う。定期的にチームミーティングも行われる。

11:00-14:00
午前の医療施設訪問は午前の診療が終わりとなる時間帯。多忙な医師との面談は場合によっては5分程度しかないことも。事前準備と継続的訪問が重要になる。事前にアポイントが必要なケースも多い。

14:00-15:00
いつも少し遅めの昼食。忙しいときは営業車内で弁当、ということもあるが楽しみな時間だ。何を食べたかが訪問時の話題になることも。午後の予定を確認し、必要に応じて計画を変更。

15:00-19:00
午後の訪問先へ。医師や薬剤師に担当製品の適正使用推進のための情報を提供・安全性に関する情報の収集を行う。医師からすぐに答えられない質問をいただいたので配属先製薬企業の学術部門に問い合わせを行った。

19:00-20:00
訪問活動終了、営業車で自宅へ。デスクワークや会議等があるときは営業所に戻ることもあるが、直帰することのほうが多い。PCで一日の活動報告書をまとめて配属先の上長に提出。

+

MR認定資格を取得するには、MR認定センターの承認を受けた教育研修施設で定められたカリキュラムを終了していなければなりません。シミック・アッシュフィールドはもちろんその研究施設の認定を受けています。また、研修専門の部門を設置しており、多様な専門領域と豊富な専門領域と抱負な講義実績を持つ講師担当者が在籍しています。シミック・アッシュフィールドグループの研修ルームで受講する約2か月(300時間)のカリキュラムは、規定のプログラムだけでなく、即戦力につながる市場知識やロールプレイなどシミック・アッシュフィールド独自のメニューが組み込まれています。
研修後、12月に実施される認定試験までの間も合格を確実にするための学習フォロー体制でサポートします。例年、受験者全体平均を超える合格率となっており、これまでの累計で約300名以上の認定資格取得者を輩出しています。


CMIC Ashfield MR経験者インタビュー

Take a chance of your turning point

私たちも不安の中、他業界から医療・製薬業界へ飛び込みました。
自分たちの仕事がより世の中に貢献できる時代へ
一緒に私たちと歩んでいきましょう。

松本 孝弘

2014年入社 CSO事業部門エリアマネージャー
MRを4年経験後、2018年よりエリアマネージャーとして活動中

林田 裕

2012年入社 CSO事業部門エリアマネージャー
MRを5年経験後、2017年よりエリアマネージャーに昇格
2018年より新たなプロジェクトのエリアマネージャーとして活動中

わたしが考えるMRとコントラクトMR、やりがい

松本:MRの仕事は営業職であると同時にサービス業なので、売上目標達成はもちろん大切ですが、どれだけサービスに付加価値をつけて提供できるかが肝。少し長い説明になるのですが、MRは、医薬品を売るのではなく、医療従事者に正しい医薬品の情報を伝え、求められているニーズを引き出し、そのニーズに応えるのが仕事です。「松本さんが情報を提供してくれたおかげで、治療に役立ったよ」とドクターからバイネームで連絡をもらうこともあり、医療に貢献できている実感が、仕事の活力につながっています。患者さんと直接会うことはなくても、自分の活動が患者さんに役立っているのだな、と感じるとき「MRになってよかった」と思います。
MRもコントラクトMRも業務に差はありませんが、コントラクトMRという仕事は、日本でまだまだ発展の余地があり、キャリアビジョンが実現しやすい環境なんじゃないかと思っています。一般的な営業職なら、長い年月をかけ、たくさんの階段を登らねばなりませんが、コントラクトMRは母数が少ないため、早期にステップアップできる可能性があると言えます。

林田:私は、MRはある意味「守られた」職種だと思っています。生命関連製品は売上がそれほど落ちることがありません。営業が100%の数字を持っているわけではなく、全体の1割、2割の売上の差をせめぎあっているのです。飛び込み営業もほとんどありませんし、自分が売らなくても薬は必要とされているので、そういう意味では他の商品の営業をする仕事より、差をつけやすいと考えています。MRは、ドクターに医薬品を正しく使っていただくために説明するのが仕事です。求められるのは数字よりもドクターの信頼を得て、良いパートナーになること。私は自分の努力によって他と差をつけられるこの仕事にやりがいを感じます。コントラクトMRは、クライアントである製薬企業のMRとして医療機関を訪問するので、クライアントの満足度を高めることも必要とされています。そのため、製薬企業のMR以上に成果を出すことが求められ、努力することで自分の成長にもつながります。
また、コントラクトMRは様々な製薬企業の医薬品を扱うので、同じ期間に一つの製薬企業に在籍するよりも多くの経験を積み上げやすく、ドクターの要望に柔軟に対応できるため、より信頼を得やすいと思います。過去に配属されたプロジェクトでの経験が次のプロジェクトで役立つことも多々あります。そういうときにコントラクトMRの醍醐味を感じます。ドクターから「なんで領域が違うのに知っているの?助かったよ」と言われたとき、コントラクトMRだからこそだなと感じました。


転職のきっかけ・MRになって思うこと

松本:私の前職は通販総合商社の営業で、シミック・アッシュフィールドに転職したのは29歳のときです。きっかけは、すでにMRだった友人の話を聞いたことでした。医療業界・製薬業界でのやりがいを伺い、さらに数多の営業職の中でも年収が高く、業界の将来性を感じたのです。もともと目標を立てて達成感が得られる営業の仕事が好きだったので、30歳手前のステップアップになると考えました。
文系で、さらに未経験から医療関係へ転職することに不安はありましたが、研修部(※現在の人財開発部)の手厚いサポートがあったことや、同期と共に勉強することができたので、勉強は苦になりませんでした。給料をもらいながら研修を受けられたので、生活の不安を感じることなく勉強に励むことができる、この制度は大変ありがたいなと感じました。医学の専門知識を得るためには努力と時間が必要ですが、覚悟さえあればどんな人にも門はひらかれています。

林田:私は金融関係の営業職、アパレル会社の販売員を経て、2度目の転職で当社に入社しました。転職の理由は、能動的にアクションできる営業職に戻りたいと考えていたことと、年収アップを目指していたためです。エージェントに登録したところ、MRの仕事を勧められました。正直なところ、MRの事はあまり知らなかったのですが、自分の努力で他と差がつけられる職種であればどのようなものでも良かったので、エントリーしたのがきっかけです。
前職が販売でしたから医療の知識がなくても医療系の会社が雇ってくれたことに内心驚きましたが、入社からしばらくして今思うことは、MRの仕事は営業経験とチャレンジ精神があればできるということです。シミック・アッシュフィールドは研修制度が非常に充実しているので入社前に医療に精通している必要はありませんでした。 他業種の私を採用してくれた恩返しをしたい。いまはそう思っています。


新しいことに積極的な会社だからおもしろい

松本:私はこの会社がとても好きです。営業の仕事は基本一人で動きますが、仕事の悩みがあるときには、仲間が気づき声をかけてもらえる環境です。新しいことを始めたい、と手を挙げると必ず周囲が協力してくれます。
私はこの会社を自分の活力の場として感じています。医療に貢献する喜びは何にも変えがたい達成感を得られます。今は社内で最も大きなプロジェクトのエリアマネージャーを任され非常にやりがいを持っています。また、新しいプロジェクトを任せてもらえるのも大きな魅力の一つです。
私たちがこの仕事の意義や将来性をしっかり伝えていきます。
目標達成に喜びを感じられる営業職のみなさん、私たちとともに新しいMRの時代を切り開きましょう。

林田:いま、当社は新しいビジネスモデルを展開し、会社としての成長加速度を肌で実感できる環境です。私自身、現在新しいビジネスモデルの一つである「シンジケート・セールス・フォース」というサービスのプロジェクトでエリアマネージャーを担当しているのですが、プロジェクトを推進していく中で、コントラクトMRのビジネスモデルが変化を遂げ、今後の活躍の場はますます広がっていくと確信しています。私たちMRが変わることによって、医療の現場も確実に変化していくのです。
私が会社に育ててもらったように、今度は私たちが次の世代を育てていきたいと思っています。育てられた側が、今度は育てる側になる。そのサイクルがよく見えるのがシミック・アッシュフィールドの魅力でもあると思います。
これからの医療業界を変えていくのだという気持ちで働いています。そしてそれができるのは新しいことに積極的に取り組む当社だからこそだと思います。 私たちのサポートを信じて、飛び込んで来てほしいと思っています。

よくある質問&お悩み

+
未経験でMRとしてご入社されますと、まず約2か月間、300時間の導入研修に専念いただきます。また、MR認定試験前には直前合宿も行います。そのほか、配属先の製品研修、ビジネススキルアップの研修、2年次研修、エリアマーケティング教育、マネージャー研修、次世代育成プログラムなど様々な研修を整えています。
+
導入研修期間も給与は通常通り支給いたします。
+
まず、ご入社後はMRの導入研修を人財開発部が主体となり実施します。導入研修が終わると、クライアントの製品研修を受けていただき、その後フィールドに配属され、配属と同時にエリアマネージャー、プロジェクトマネージャーがそれぞれフォローいたします。同時に、導入研修からMR認定試験までの数か月間も人財開発部による徹底したフォローアップ体制を整えています。
+
評価制度は、クライアント評価と当社の評価、両方の評価を総合して決定します。昇給は年1回昇格・昇給額を決定します。賞与は年2回支給で、夏季賞与は固定、冬季賞与は個人・会社の業績により変動します。通常の評価制度のほか、インセンティブとして1年に1度MVPが選出され、受賞者には褒賞を送ります。
+
営業経験は2年以上が必須要件です。これまで多種多様な異業界から入社された先輩がMRとして多数活躍しています。
+
未経験のMRとしてご入社される場合は全国転勤可能であることが必須条件になりますので、配属エリアは会社が決定します。
ちなみに、当社のMRの配属先は人口分布にほぼ比例しているので、主に首都圏・主要都市に配属されることが多い傾向です。
+
男性約7割、女性約3割です。これは業界平均とほぼ同等です。
+
MRの活動は、業界の行動基準に従って行動し、規定で接待は禁止されています。
+
当社が所属するシミックグループは、ヘルスケアに携わる企業として、社員の健康・安全を大切にし、社員の働きやすさ、健全な職場環境を整えていますので安心して業務に従事していただけます。困ったときには相談窓口も設置しています。こうした環境が整っている証として、当グループは「健康経営優良法人 2018(大規模法人部門)~ホワイト 500~ 認定法人」に認定されています。
+
疾患やマーケティング、戦略性、セリングスキル、プレゼンテーション能力といった専門性を兼ね備えたMRが優秀なMRに共通していることと言えますが、未経験のMRの方は、まず社会人としての基本、MR職としての基本をしっかり身につけて行動してください。それをベースにして当たり前のことを当たり前にできるようになり、やがて優秀なMRへと繋がっていきます。
+
もちろん可能です。すぐに応募をご希望の方は、当社の登録申込フォームにてお申込みください。URLはhttps://www.cmic-ashfield.com/recruit/entry-form/です。

他業種からMRへの転職チャレンジャー求む
未経験者OK!MR転職はこちらから
あなたの営業スキル、MR職でも活かせます!

 

社名 シミック・アッシュフィールド株式会社https://www.cmic-ashfield.com
設立年月日 2000年8月 (2014年10月 商号変更)
資本金 5500万円
所在地 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング
事業内容 ・コントラクトMR事業
・メディカルアフェアーズ事業
・コンタクトセンター事業
従業員数 698名(2018年10月1日現在)
許認可等 公益財団法人MR認定センターの認定企業
認定番号:MR-S第45号(システム認定) MR-E第10号(施設認定)
一般労働者派遣事業許可 派13-304893
有料職業紹介事業 許可番号:13-ユ-302513